さいたま市中央区「与野」の経営相談・観光の話題をお届けします。

メディア

操の桜

操の桜

 

春を告げる「操の桜」

 

さいたま市で最も早くに咲く桜は?

恐らくそれは「大宮操の桜」ではないでしょうか。

さいたま新都心の北側にはJR大宮操車場があり、その敷地内に「操(そう)の桜」があります。

昭和の時代、まだJRが国鉄と呼ばれていたときに職員が植樹したそうです。

品種は早咲きの桜である河津桜みたいです。

桜の側の『大宮操の桜』と書かれている看板には、以前『河津桜』と書かれていました。

毎年2月の末になるとつぼみが膨らみ始め、ほのかにピンク色になりだします。

3月初めには満開となり、いち早くさいたま市に春を告げるのです。

「操の桜」はJRの敷地内にあり、桜の傍には行けませんが電車の車窓から良く見ることができます。

埼玉県さいたま市大宮区錦町321
PAGETOP
Copyright © おしえて。さいたま中央区「与野」 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.